人気ブログランキング |

小沢健二 - 愛し愛されて生きるのさ ~ Love is what we need ~

PV小沢健二 - 愛し愛されていきるのさ


7月の終わりだった。地下鉄の駅から階段をのぼると、雨はあがっていた。

地下鉄の駅出口のひさしから、外に踏み出すと、外は晴れていて、アスファルトの歩道はさっきまで降っていたとおり雨で濡れていたけど、水溜りに映る空は青い。いつもの空よりも、少しだけ青みが濃い気がする。

家から電車に乗るときに、振り出した夕立ちは、私鉄が地上を走っているうちは降っていた。電車が地下を走っているうちに、雨はあがったんだ、傘持ってこなくてよかったって思った。傘を持ち歩くのはきらい。

---

その頃バイトしていた会社に行って、ちょっと用事をすませて、今日は帰っていいですか?って聞いたら、今日はヒマだしいいよって言われたので、また地下鉄の駅に向かって会社を後にした。今日は授業もないし早く帰りたかったしいいや。

地下鉄の駅に向かう途中には、公園があって、そこの向かいにはすごく大きいホテルがある。というか、このあたりは、大きいホテルがたくさんある。で、公園に行く前に通りかかる大きなオフィスビルの1階にはコンビニが入っているんだけど、そのコンビニで雑誌を見たりしているうちに、彼女の事を思い出したので、携帯をかけてみたけどでなかった。

---

公園の入り口から、ホテルへと抜ける道には、森のように大きな木が沢山生えている階段がある。雨があがったばかりだから、風が吹くと、木の葉から雨が落ちてくる。木の間から見上げると、もう空は青じゃなくて、青にうすいピンクを少しだけ混ぜたような色になっていた。MDを聞きながら、階段をジャンプしながら下りていくと、なんかしきりに彼女の事が頭に浮かぶので、昨日もけっこう夜遅くまで一緒だったけど、で、さっき電話したばっかだけど、もう一回、電話をしてみた。

風が気持ちいい。彼女は、電話にでたけど、まだ寝てたみたいでまた近くから電話してって言っていた。いつまで寝てんだよ。と思ったけど、ま、公園には誰もいないし、雨のせいで、いろいろなものの色が少しずつ濃くて、それは、僕にしかわからないかもしれないけど、とてもわくわくした。だんだんと色を変える空の下でこの公園に一人で、これから彼女に会えると思って、風に吹かれながら歩くのは本当に、幸せなんだけど、これは他の人にはわからない感じなんだろう。

ホテルの前の道路には、八重桜が街路樹として植えられていて、反対側は、サルスベリになっている。サルスベリのピンクの花は、下からみるとキレイだ。雨に濡れてサルスベリの樹の表面のグラデーションが少しだけ、普段よりもハッキリしていた。

地下鉄の駅は、冷房が効いている。電車の車内も冷房が効きすぎている。あまり、人がいないけれど、席にはすわらずに進行方向の右側のドアのところに立っていた。地下鉄とJR、私鉄のターミナルを地下鉄は幾駅か過ぎて、電車は地上に出た。


---

大きな川がホームから見えるその駅で降りると、駅前から河原の方へと歩いた。
河原には、人が出始めていた。夕方になってだいぶ涼しくなってきたからかもしれないけど、空は、もうピンクが主で、どちらかといえばもうオレンジかもしれないけど、いろいろなものが普段と違った感じの色になっていた、そういえば電話をしなきゃいけない。彼女に電話をすると、もう起きていた。あともうちょっとで着くから、どこ行くか考えといてって言って電話を切った。

夕焼けの河原には、さっき公園で吹いていたような風が吹いていて、気持ちがいいんだけど、それ以上にテンションはあがっていて、なんでそんなにテンションが高いのかわからないし、絶対聞かれるなと思ったので、理由を考えてみたけど、見つからなかった。

---

河原には、そう、けっこう人がいて、たぶんそれは、10年前も、20年前もいたんだと思う。夕立が上がって、涼しくなって、夕焼けの空がキレイで、しかも用事が特になくて、会いたい人がいる夕方なんてよく考えたら、年に何回もあることじゃない、んじゃないかな。でも、突然誰か(というか彼女ね)に会いたくなっただけ、っていう感じでテンションが高い理由はいいかと思った。

確かに、僕たちは時に悩んだり、傷ついたりもするし、嫌な事もある。あったし、これからだってあると思うけど、こういう美しくて素晴らしい瞬間だってこれからもあるはずだし、そういうことを共有できる人がいるのは本当に素晴らしいなと、多分、僕はそのとき感じたんだと思う。photo by らへんさん

---

彼女の住む部屋はもうすぐ、土手にあるサイクリングロードから入り口が見えるマンションだから、また電話をして、もう降りてきてって言おうと思って、もうオレンジにピンクを混ぜたような夕焼けの光が作る影を見ながら、僕は携帯を手にとって、河原の土手の階段を登った。


PV

カゴメ野菜生活 CF*視聴可 ⇒Sweet Family 篇   Sweet Lovers 篇

愛し愛されて生きるのさ はLifeの一曲目。そう、CDをかけると最初にこの曲がかかります。
前の「強い気持ち・強い愛 ~ Metropolitan Love Affair ~ 」の時もそうだけど、これも94年当の感じを思い出して書いてみました。

【第8回恋文企画・届けこの想い!】にTB

・**☆**・・**☆**・恋文企画・**☆**・・**☆**・

 お題の相手に向ける、フィクションの恋文を創作するTB企画

 選考は、お題の相手(対象)が決定権します。
 優勝者は、次回のブログ指名ができます。

 開催期間: 2005年2月4日(金)〜2005年2月21日(月)午前0時
 審査員: 「よかった探し。」のColortailさん
 応募方法:次のURLにトラックバックを送る
        http://rosslynva.exblog.jp/tb/1920893
 審査方法: お題ブログの製作担当者からの、返信トラバにて決着!

 ※ 誰でも参加出来るようにこのテンプレを記事の最後にコピペして下さい。

 第8回主催: Rosslyn Papers (by raphie)

・**☆**・・**☆**・・**☆**・・**☆**・・**☆**・・**☆**・





小沢健二 - 愛し愛されて生きるのさ ~ Love is what we need ~

■作詞・作曲・編曲:小沢 健二

■1994.07.20 Release TODT-3254

■東芝EMI株式会社

※小沢健二の「愛し愛されて生きるのさ ~ Love is what we need ~」を聴くなら、Lifeをお買い求め下さい。→amazon
■Links
Virjin Music Co.
KENJI OZAWA OFFICIAL WEB SITE
■歌詞


愛し愛されて生きるのさ ~ Love is what we need ~



とおり雨がコンクリートを染めてゆくのさ 僕らの心の中へも浸みこむようさ
この通りの向こう側 水をはねて誰か走る
夕方に簡単に雨が上がったその後で お茶でも飲みに行こうなんて電話をかけて
駅からの道を行く 君の住む部屋へと急ぐ


いつだって可笑しいほど誰もが誰か愛し愛されて生きるのさ
それだけがただ僕らを悩める時にも未来の世界へ連れてく


ナ~ンにも見えない夜空仰向けて見てた そっと手をのばせば僕らは手をつなげたさ
けどそんな時は過ぎて 大人になりずいぶん経つ


ふてくされてばかりの10代をすぎ分別もついて齢をとり
夢から夢といつも醒めぬまま僕らは未来の世界へ駆けてく


月が輝く夜空が待ってる夕べさ 突然ほんのちょっと誰かに会いたくなるのさ
そんな言い訳を用意して 君の住む部屋へと急ぐ


*家族や友人たちと 並木道を歩くように 曲がり角を曲がるよう
*僕らは何処へ行くのだろうかと 何度も口に出してみたり
*熱心に考え 深夜に恋人のことを思って
*誰かのために祈るような そんな気にもなるのかななんて考えたりもするけど


10年前の僕らは胸をいためて「いとしのエリー」なて聴いてた
ふぞろいな心はまだいまでも僕らをやるせなく悩ませるのさ


まぶしげにきっと彼女はまつげをふせて ほんのちょっと息を切らせて走って降りてくる
大きな川を渡る橋が見える場所を歩く


いつだって可笑しいほど誰もが誰か愛し愛されて生きるのさ
それだけがただ僕らを悩める時にも未来の世界へ連れてく

月が輝く夜空が待ってる夕べさ 突然ほんのちょっと誰かに会いたくなるのさ
そんな言い訳を用意して 君の住む部屋へと急ぐ

Uh ah

トラックバックURL : https://cousaku.exblog.jp/tb/2068724
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from Rosslyn Papers at 2005-02-20 14:53
タイトル : 「第8回恋文企画・届けこの想い!」 恋文掲示板
♪るちあです。こんにちは♪ 「第8回恋文企画・届けこの想い!」へのご参戦、感謝の気持ちでいっぱいですっ! ここでは参加してくださった皆さんの恋文のご紹介をしていきたいと思います。 Colortailさんのハートを射止める恋文、激戦になるやも知れません。 まだまだ皆さんのご参加をお待ちしていますっ! ・**☆**・・**☆**・・**☆**・・**☆**・・**☆**・・**☆**・ Entry #1 『カラータイルと空手着』 by カツオ君は永遠の小学生 さま 飛ぶ...... more
Commented at 2005-02-20 07:30
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by crazy_mam at 2005-02-20 11:48
あー、これ恋文だったのかぁ。
読んで個人的にすごい幸せな気持ちになりました。
94年当時、絶対ニアミスしてたんだなあ。
私は同じ川の畔にある駅からきっと同じ電車に乗って、
そのホテルのあるああたりの駅で乗り換えて
閣僚の参拝がいつも問題になるサクラの見事な神社のある駅で降りて
外堀を渡ってバイトに行ってました。
「愛し愛されて生きるのさ」をSONYのDiskmanに入れて。

(・・・んで、この年に結婚したんだっけ、へへ。)
Commented by raphie at 2005-02-20 12:08
↑あらー。私はそのサクラの見事な神社のそばの学校にずーーっと通い続けた青春でした。大学もそこからそれほどには遠くなくて、94年頃になってもまだその辺りがシマのような気がして随分悪ガキ時代の友達と歩き回ったものでした。

--などということはさておき(笑)。いつもながら文章と景色と音楽のコラボレーションが素晴らしくて、何度も何度も読み返してしまう一休さんの文章です。空の色や雨や風の香りに大好きな人をふと思い出して、思い出したこともよくわからなくてテンションだけが上がって、でも結局その人の声が聞きたくなって。いつでも会えるのに、今会いたい気持ち。大切な景色を共有したい人がいる前向きな喜びが溢れてくるような、なんだか幸せで元気な気持ちになれる恋文ですね。文章のテンポが小澤氏の音楽にすごく合っていて絶妙だと思ってしまいました。
Commented by raphie at 2005-02-20 12:10
「河原には10年前も20年前もきっと同じように人がいて」--そう考えられることが素敵です。そうして人はやっぱり誰かを好きになることを繰り返し、どこかで人は繋がっているのでしょうね。同じ時期にニアミスしたり、あるいは時を超えて同じ場所で、きっとニアミスした人たちもいるのでしょう。そして場所が離れている誰かともきっと繋がっている。なんだか恋する幸せな気持ちが、色々な人のために凝縮されているような恋文です。ご参加本当にありがとうございます!
(長文コメントすみません!)
Commented by ilovecrisps at 2005-02-20 14:19
水溜まりに映る青空 森のように大きな木が沢山生えている道 気持のよい風 サルスベリのピンクの花 色を変えてゆく空
色々なものが普段と違った感じの色に見えるとき…。
恋という魔法が、過ぎてゆく瞬間(とき)を永遠のイメージに刻んだのですね。

優しいメロディと共に、風のそよぎや、わくわくする心が伝わってきます。
煌いているからこそ、せつない、、、
Commented by kei_stilare at 2005-02-20 17:24
こんにちは。
こういう美しくて素晴らしい瞬間を共有できる人・・見つかるといいですね。
もういるのかな??
cousakuさんだったら大丈夫だと思うよ♪
Commented by sivaxxxx at 2005-02-20 20:40
いきゅさんの文章は本当に絵のようで。
こういう描写のできる人は本当にすごいと思います。

やっぱり青春ストライク、この辺り。色んな思いが巡りますね。
Commented by z_rahen at 2005-02-20 23:00 x
素敵な青春ですね…いいですね…
僕はオザケンを聴いていた頃、同棲していました。
(オイ)

つか、写真を使って頂いてありがとうございました。
Commented by nobu-si at 2005-02-20 23:28
相変わらず、綺麗な情景を思い浮かべる文章で・・・。
こういう写真とのマッチもたまりませんね。
Commented at 2005-02-21 00:48
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by CANDANA at 2005-02-21 09:59
オザケンは嫌いだが、こういう普段のシーンをめぐる文章は好きだ。
オザケンは嫌いだが、、、、、ぬーん。ぬーん。
Commented by colortail at 2005-02-21 10:38
いきゅさん、ご参加ありがとうですーーー!!
愛し愛されて…の世界と「僕」、そして94年頃のいきゅさん。
色んな世界が絡み合って膨らんで、とても愛しい恋文ですね。
風が気持ち良くて雨もあがって、雨露が木の葉から落ちてくる---。
そんな時恋人に会いに行くのはなんとなくだけど、とても幸せですね^^
普段意識してない景色の一コマ一コマが他の人には分からないだろうけど僕の心に焼きついて。
そういう気持ちを誰かと共有出来る事は素敵なことですね。
一緒になんとなくいいね、と言える相手がいるって嬉しい。いえなくても感じられたら。
そんな気持ちになりました^^
そんなあなたにドキドキです♪ポクポク(本家の所でも言っちゃった!
Commented by eternal_world at 2005-02-21 11:59
10年前のことって
なんではっきり思い出せるのかな。
昨日のことすらもう、今は定かではないのにw
Commented by iceday at 2005-02-21 20:54
10年前のことは全く忘れました
そして昨日のことも定かではありません。
Commented by nanatumori at 2005-02-21 23:00
一休さんの文章はステキすぎて現実なのか非現実なのかわからなくなります。
Commented by mami-lune at 2005-02-22 00:32
胸がいたいです。
表現の繊細さといい、情景が目に浮かぶ鮮やかな文といい。絶妙です。
雨上がりの空気のにおい、と美しい空。しずくにぬれて色鮮やかな景色。
そして僕の彼女への想い。……堪能させていただきました。
Commented by earll73 at 2005-02-22 00:36
河原の思い出ってないんですよねー。
だから、こういう雰囲気には憧れます。
Commented by beernoriko at 2005-02-22 10:51
>会いたい人がいる夕方

おk
Commented at 2005-02-22 19:56
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ikkyuu_as_cousaku at 2005-02-23 00:34
■ crazy_mam さん 02-20 11:48 x
>読んで個人的にすごい幸せな気持ちになりました。
ありがとうございます。なにか自分ではいまいちだったのです。

>94年当時、絶対ニアミスしてたんだなあ。
してるっぽいですねー。乗り換えの方の出口でしたし。

>んで、この年に結婚したんだっけ、へへ。
そういえば、去年10周年でしたもんね。

94年は遥か遠くに行った気がしますけど、でも、心の中へも染み込むようなこの歌は、まだ色褪せていないと思います。
Commented by ikkyuu_as_cousaku at 2005-02-23 00:34
■ raphie さん 02-20 12:08 x
>大学もそこからそれほどには遠くなく
なるほど。なんか、近かったのですね。

>前向きな喜びが溢れてくるような、なんだか幸せで元気な気持ちになれる
そうですか、嬉しいです。というか、自分ではそうでもないところが不思議です。

>河原には10年前も20年前もきっと同じように人がいて
「いつだって可笑しいほど誰もが誰か愛し愛されて生きるのさ」という事なんでしょう。

>色々な人のために凝縮されている
この部分がちょっと理解が難しかったのですが、不思議と嬉しいですね。
でも、前にも書いたのですが、この種の音楽を媒体にするということは、ある種共有するものが、多岐にわたると思いました。恋文主催、お疲れ様でした。
Commented by ikkyuu_as_cousaku at 2005-02-23 00:34
■ ilovecrisps さん 02-20 14:19 x
>過ぎてゆく瞬間(とき)を永遠のイメージに刻んだ
そうだといいですね。たかが10年で色褪せたものもあります。でも、それはしょうがないですよね。色褪せても、まだ、残るものもあります。

■ kei_stilare さん 02-20 17:24 x
>cousakuさんだったら大丈夫
その根拠てなんだろうと思ってしまいました。
Commented by ikkyuu_as_cousaku at 2005-02-23 00:35
■ sivaxxxx さん 02-20 20:40 x
絵のようにというのは、嬉しいですね。いやー、ほめ上手です。

それよりなにより、「やっぱり青春ストライク、この辺り。」
この辺りのコメントがなにか、シバさんらしくなくて、でもいいですね。ストライクでしたよ。僕も。さすが、同じ○○だなぁと思いました。

■ z_rahen さん 02-20 23:00 x
>僕はオザケンを聴いていた頃、同棲していました。
オザケンを聴いていたころっていうのがいいですよね。あまり、あの時代、アレを聴いていたと、想起される人も数多くはいないと思います。

写真、ありがとうございました。
Commented by ikkyuu_as_cousaku at 2005-02-23 00:35
■ nobu-si さん 02-20 23:28 x
写真には、助けられています。
みなさん、画像とか、絵が浮かぶといいますが、本当はそういう補助があるからなんだと思うのです。

■ 鍵さん 02-21 00:48 x
>ほわーんと心の中が暖かくなった気がしました。
そうですかー。鍵コメが珍しいですよね。いや、嬉しいです。
意外だったのもあり。っていうか、よく考えると、小学生じゃないですか?当時。
Commented by ikkyuu_as_cousaku at 2005-02-23 00:35
■ CANDANA さん 02-21 09:59 x
>普段のシーンをめぐる文章は好きだ。
じゃあ、もっと精進します。がんばりますね。
ちょっと嬉しい感じです。

>オザケンは嫌いだが、、、、、ぬーん。ぬーん。
ぬーん、ぬーん。ほほ!
Commented by ikkyuu_as_cousaku at 2005-02-23 00:35
■ colortail さん 02-21 10:38 x
>94年頃のいきゅさん。
頼む、あの頃に戻してください。経年変化って恐いですね。

>そんな時恋人に会いに行くのはなんとなくだけど、とても幸せですね^^
そう、一人でテンションがあがるときがあって、でも誰にも説明しにくいな、って思うことがあります。

>本家の所でも言っちゃった!
どんどん使ってください。お疲れ様でした。
Commented by ikkyuu_as_cousaku at 2005-02-23 00:36
■ eternal_world さん 02-21 11:59 x
>なんではっきり思い出せるのかな。
ん、なんとなく、写真みたいに。

>昨日のことすらもう、今は定かではないのにw
本当だね。それはそう思うけど。定かではないのは、明日もですよね。


■ iceday さん 02-21 20:54 x
あなたも同じ感じですか。
そう、昨日同様、明日など誰にもわかりません。
ただ、昨日よりも鮮明な映像はありますよねー。

例えば、あのニースの夕暮れとか。ほほ!
Commented by ikkyuu_as_cousaku at 2005-02-23 00:36
■ nanatumori さん 02-21 23:00 x
>現実なのか非現実なのかわからなくなります。
フィクションも入ってますよ。でも、基本的に見たものを組み合わせてます。今回は。
ありがとうございました。

■ mami-lune さん 02-22 00:32 x
>胸がいたいです。
ずいぶんと、、、ちょと嬉しい。

>雨上がりの空気のにおい、と美しい空。しずくにぬれて色鮮やかな景色。
そういうものばかり、書いて行きたい。私は貝になりたい。みたいです。
ありがとうございました。
Commented by ikkyuu_as_cousaku at 2005-02-23 00:36
■ earll73 さん 02-22 00:36 x
>河原の思い出ってないんですよねー。
じゃあ、今度河川敷で、BBQしましょう。あ、いい事言った。

>こういう雰囲気には憧れます。
またまたー。お上手っすね。

■ beernoriko さん 02-22 10:51 x
>おk
だな!
Commented by ikkyuu_as_cousaku at 2005-02-23 00:36
■ 鍵さん 02-22 19:56 x
こちらこそ。

今回は、全力で投げます。マジです。
Commented by kei_stilare at 2005-02-23 09:49
おはよ。
急いでたので適当に書いちゃった。
根拠って何?☆※▲∞
いいやん。細かいことゆうナ〜(笑)
Commented by crazy_mam at 2005-02-23 22:25
あれー、星の王子さまですねー。
Commented by penang8 at 2005-02-24 13:10
そう。サンテグジュペリになってる。自家用飛行機に乗って永遠の彼方に飛んでいってしまった彼。。ずっと持ってたよ、この絵本。バイブルみたいな感じで。
Commented by ikkyuu_as_cousaku at 2005-02-24 22:59
■ kei_stilare さん

細かいことって・・・
細かいかな。ま、いいですけど。


■ crazy_mam さん
>あれー、星の王子さまですねー。
はい。初めて読みました。感動しました。
Commented by ikkyuu_as_cousaku at 2005-02-24 23:03
■ penang8 さん
>自家用飛行機に乗って永遠の彼方に飛んでいってしまった彼。。
彼の話を読んで、紅の豚という、宮崎駿の映画を想い出しました。
Commented by eri-_-v at 2005-03-04 02:21
はじめまして!
オザケンの話題につられてお邪魔しました。
ブログ者同士で同じ気持ちを共有出来るって素敵ですね♡
又,お邪魔させてください♪
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by ikkyuu_as_cousaku | 2005-02-20 06:32 | PV | Trackback(1) | Comments(36)