晩秋

b0005129_753566.jpg裏TBでぼけましょう に参加します。









---

11月の終わりだった。セキをすると気管が痛くなるので、会社帰りに病院に行くと入院することになった。

入院する前は、毎日1時、2時まで働き、残業がない日はいつも遅くまで飲み、たまの休日には海に行っていた。要するに、ヒマな日は1日もなくて、とにかくやらなければいけない事と、やりたい事が多すぎで時間が足りなかったのだが、入院した途端に、僕はやる事がなくなった。

普段やれないゲームをやろうと、病院にプレステを持ち込んだけど、数時間やって飽きてしまった。つまらなかった。友人は本を買ってきてくれたり、DVDを持ってきてくれたりもしたけど、それでも時間は余っていた。病室で自由に電話したり、打ち合わせができるのなら、もちろん仕事をしたいと思っていたのだが、許可がでるわけもないし、ノートPCがあったので、ずっと音楽を聴いたり、PVをダウンロードしてみたりしていた。

毎朝、7時前に検温と採血で起され、8時に朝食をとり、洗濯をしたりしていると、回診が始まる。10時には、なにもすることがなくなった。

---

病院は、明治通りの交差点近くに建っていた。入院した当初、個室しか空いていなかったので、個室に入っていた。日中誰も来ない時は、病室の窓からはとなりの小学校の屋上が見ていた。その他には、面白いものがなかった。小学生が屋上で遊んでいるところをぼーっと見ていた。夜は、病院の出入り口のところにあるベンチに座って携帯電話をかけたりしていたが、その間に救急車や、患者の家族の乗ってきた車がERの駐車場を出入りしていた。
僕以外の人は、みんな忙しそうに動いていた。やることがないのは、自分だけのような気がしていた。
そこのベンチからは、六本木ヒルズが見えた。いつも同じ角度から見ていたので、すぐに飽きてしまった。そのビルを見るたびに、今自分の置かれている状況への不満や不安がつのった。いつも、同じように見えるそのビルが、外に出る事ができない原因のように思えたのだ。

病室の白い壁を見て、過ごすことが多くなった。病院の中に閉じこめられているうちに、本当に病気になってしまいそうだった。

ぼーっと壁を眺めて、ボールを壁に投げる。ボールが跳ね返って、手に戻ってくる。
この空想を、白い壁を見ながら、繰り返した。

---

彼女は、よく病院に寄ってくれた。

面会時間は21時までだったので、たまに僕が寝ている事もあったが、彼女が来そうな時間になると病室にいるようにした。病院内には、他にいる場所も特にないのだ。

ドアをノックして、黙って個室に入ってきてコートを脱いで、バックと買ってきたコーヒーを置くと、ベットに座って、冷たい手でそっと僕の頬を触りながら目を覗きこんで、いつも「元気?」と言った。

彼女がつけている香水と、煙草の香りがした。晴れた日は、外の匂いがした。

もとから、話す時には沢山話すけど、そうじゃない時には、黙ってじっとしている人だったし、僕もそうだったから、病室で二人で黙ったままでいることもあった。

たまに、疲れている時はブーツを脱いでベットで寝てしまう時もあって、僕は、そんな時は黙って寝顔を見ていた。毎日ここで、寝ていけばいいのにと思っていた。

---

入院して五日目に一度手術した。経過が良くなかったため、入院から2週間が経った頃に、もう一度手術する事を、先生と話し合って決めた。

外苑の銀杏の街路樹のわきにレストランがあって、そこに行きたかったのだけど、もう紅葉は終わっちゃったのかなと、話した事があった。何日かしたあと、彼女がDVDをまた持ってきてくれて、それともう一つ封筒を僕に渡した。

封筒を開けると、そこには、鮮やかな黄色い銀杏の葉が何枚も入っていた。

僕は、もう早く退院して、サンダルじゃない靴を履いて、冷たい風が吹いている冬の街を、空気を吸いながら、二人で歩きたいと思った。

---

その後、一週間して2度目の手術を行い、術後の経過もよくて、何日か後に退院できる事になった。退院の日、彼女と荷物をまとめて、家について、着替えをすませて、ふとPCで調べることがあったのを想い出して、ノートを紙袋からテーブルの上に出した。

---

ふと紙袋の底を見ると、封筒から何枚か落ちたのか、キレイだった銀杏の葉が乾燥し茶色になったものが、粉々になって、散らばっていた。

もうクリスマス前で、外苑の銀杏を見る事はできなかったけど、でももう、銀杏の葉は本当は必要ではなくて、好きなだけ外の世界を楽しめばいいのだと思った。

行こうよと言う彼女に、ちょっと待って、と言ってノートの電源を入れた。

---
b0005129_7143230.jpg
 













* * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
あとがき
 今回、裏TBでボケましょうに参加するにあたって、My Funny Valentineと、こちらを書きました。文章にしたのは、日曜日で、先に書いたのはMy Funny Valentineの方です。こちらは、あとがきにもあるように、映像イメージとプロットが頭の中にあったからです。
 で、この晩秋は、メモだけあって、「銀杏」「六本木ヒルズ」「砕けた葉っぱ」。イメージがありました。題名は未だに迷っています。黄色い銀杏がでてくる「Autumn in N.Y.」や、小沢健二 の「いちょう並木のセレナーデ」のイメージが強かったため、思いつきませんでした。これは、変えるかも知れません。「黄色い銀杏の葉」とかそのまんまだし、「もちもちの木」みたいでしょ?
 
 自分では、結末が気に入らないので、少し変えたいのですが、いいのでしょうか?もうちょっと、術後の痛みなんて気にしない、もう自由なのだから、どんどん行こうみたいな、ノリにしたい。

 My Funny Valentineと比較して、こちらを選んだのは、My Funny Valentineが、色が希薄な世界で、これからもこの男と生きていこうっていう話なのに対して、こちらが、白い病室から、外の世界へという話だったからです。でも、My Funny Valentineの方が好きです。
 みなさんは、どちらがお好きですか?聞いてみたいですね、少し。



■裏■裏■裏■裏■【裏TBでぼけましょうテンプレ】■裏■裏■裏■裏■

【ルール】
 TBボケグラチャン大会のお題の記事に対し、ウラボケ会場の記事に
 トラバしてボケて下さい。
 ただし、条件として
 1)エロである
 2)色モノである
 3)何か「色」に関することが出てくる
 の制限あり。上記3つのうちどれかをクリアしていればOKです。
 
 エントリー期限はグラチャン大会と同じ、9/10 21:00までとします。
 
 【審査方法】
 ●グラチャン大会出場者任意の投票による。
 
 ●参加条件は歴代チャンプ以外のすべてのブロガー。
  TB人数制限はありません。

 ※誰でも参加出来るようにこのテンプレを記事の最後にコピペお願いします。

 ★会場   (やみくもバナナメロン http://nightegg.exblog.jp/ ) 

 企画元 ぶちまけ部屋     http://moufu1.exblog.jp/
     やみくもバナナメロン http://nightegg.exblog.jp/        
     MS.POKERFACE    http://sivaxxxx/exblog.jp/     

 協賛  毎日が送りバント http://earll73.exblog.jp/
   
 ★グラチャン大会へのご投票もお忘れなく!
裏■裏■裏■裏■裏■裏■裏■裏■裏■裏■裏■裏■裏■裏■裏■裏■
トラックバックURL : https://cousaku.exblog.jp/tb/203861
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by midnight_egg at 2004-09-07 07:58
すごい、いいなぁ〜。
2本ともいいですが、私はこちらのほうがよりスキです。

>晴れた日は、外の匂いがした。
最高だな。
どうやったらこんな一文書けるんだろう?

やっぱりボケではないのですが、
もはやそんなことはどうでもよろしい(^^。
「中国行きのバナナボート」とかタイトルつけて
短編集編んじゃってください、この際。

タイトルは「銀杏」を持ってくるとベタになり過ぎるので
ずらすのが正解かと思われます。

なんか四方八方作家だらけだな・・・。
Commented by sofia_ss at 2004-09-07 08:00
うん、私も My Funny Valentine のほうが好きです。
色が希薄というけれど、そんなことないと思います。
うみぞこの蒼い世界が広がっていました。夜空と海と店の底の色。
とても好きな文です^^trackbackしたいけど、まだ考え中・・・
Commented by midnight_egg at 2004-09-07 08:22
↑私は「晩秋」(仮)のほうがスキなんですよ〜。
それとコメでお知らせいただくよりも早く、
音速で駆けつけました、えっへん。
さっき来たときは画像なかったもの(^^。
Commented by sofia_ss at 2004-09-07 08:44
すみません~真夜中の卵さん
コーサクさん同様、My Funny Valentine のほうが好きという意味です^^
コメントの時間がニアミスで卵さんのが読めなかったのです。
Commented by ikkyuu_as_cousaku at 2004-09-07 09:20
□ midnight_egg さん
>>晴れた日は、外の匂いがした。
>最高だな。
>どうやったらこんな一文書けるんだろう?
いや、創作ではなくて、こういう経験があったものですから。昔、実家にいた頃、外から母が帰ってくると、外の匂いがしませんでしたか?
入院している主人公は、タバコを吸わないので、タバコの匂いも、香水の匂いも、よくわかるのです。

>もはやそんなことはどうでもよろしい(^^。
そうはいかないと思うのですけど。でも、ごめんなさい、おちませんでした。諦めた結果が、この形でした。


□ sofia_ss さん
>色が希薄というけれど、そんなことないと思います。
>うみぞこの蒼い世界が広がっていました。夜空と海と店の底の色。
あの店は、行ってみたいですね。モデルは↓です。
http://www.global-dining.com/site/restaurants/index.cfm?resID=112&page=detail&lang=JP&chainId=7

>とても好きな文です^^trackbackしたいけど、まだ考え中・・・
ぜひ、TBして下さい。
Commented by ikkyuu_as_cousaku at 2004-09-07 09:25
□ midnight_egg さん、sofia_ss さん
ボツ作品から、UPしたのは、両方読んで比較して貰いたかったからなのです。ですから、本当に、これだけ読んで頂けて、幸せです。ありがとうございます。

少し、病室の段落に修正をしてしまいました。

さて、今日は、客先へ直行です。実は、隣駅だったりします。ラッキーですね。
それでは。
Commented by MemenDers at 2004-09-07 09:33
病室の非日常的な白さが目に浮かびます。こないだ入ったばかりだしね(^^
そうそう、病院て退屈なんですよ。しかも実家の方の病院だったから、彼女は来てくれないし…。
いいな、この主人公(ウラヤマシイ^^;
呼吸器系の病気は苦しそうですね。でもそれを補ってくれる人の存在が、とても心に暖かいです(^^。
Commented by iamyoursun at 2004-09-07 09:38
ほんとに奇麗な文章を綴るね。
目をつむると、情景がありありと浮かんできます。
Commented by moufu1 at 2004-09-07 11:39
ちと 泣きそうになりました(年寄は涙もろくていけん・・・)
これ 実話ですよね・・ね?
本当 あらゆるところ作家ばかりだ・・・
Commented by hanywany at 2004-09-07 12:00
きれいだー・・・
描写もきれいでなんだかほんわりとしてしまいます。
私はこっちの方が好きです。無機質な白色から暖色系のほんわりとした色の変化とそれに伴う主人公の容態の変化がきれいにグラデーションを描いている感じがします。
Commented by CANDANA at 2004-09-07 12:05
甲乙つけがたいが、ワタクシ的にはMy Funny Valentineの方が好きv
この曲に関して1時間くらい語る友人がいるせいか、印象深い曲だしね。
こちらの流麗なシーン運びもいいですが、いちょう並木のキーワードが
ワタシには臭いものになる事を忘れさせてくれませんでした。銀杏、、、
旨いけど臭い、、、、うぅうう。
Commented by Kurt. at 2004-09-07 12:07
素敵な話ですね、、、実話なのかなぁ~?って思いましたけど、
今回はボケよりこういうきれいな作品が多くていいですね。
Commented by osarudon1 at 2004-09-07 12:07
何もいうことはありません。傑作です。
Commented by eternal_world at 2004-09-07 14:45
どちらもすてきですが
情景としてリアルな青い海が出てくるMy Funny Valentine
がすきです,私はw
あちらの方が 切々と訴えくる何か があったような気がします.

Commented by fuxok at 2004-09-07 15:02
どちらとも素敵だと思いました。どっちが好きですか、と聞かれたらきっと私はMyFunny・・をあげると思います。でもこのお話も私のちょっとした入院の想い出を思い出させて切ない気持ちが蘇ってきました。どのお話でも、その人、その人できっと持っている物差しや目線が違うから、色んな風に見えているのだと思います。私にはどちらのお話しも、ある部分の物差しに合って、きゅんとするようなお話しでした。有難うございました。
Commented by moko2. at 2004-09-07 17:48
入院した頃あるってことを聞いてたから、こっちの主人公の心情の方がリアルかな?と思いました。私も妊娠中に長期入院していたからこういう気持ちとってもよくわかるし。ということで私の好みはこちら。
しかし、私のTBボケと同じ土俵で戦う作品とは思えません。感動。
Commented by I_am1077 at 2004-09-07 20:47
真実をさがせ!で このような状況下にあったコトが 最初に思い出されたので、心配しつつ読み進めてしまいました。もったいない。。。。
どちらが好き?...............ママ♡  ぢゃなくて、 my funny♪
どうしてあれでは納得できないの? このお話は 少し真実味がありすぎて 心配な気持ちになってしまいます。。
どちらにしても 一休さんの本職は 小説家なのだと 確信しました。(*´▽`*)
Commented by earll73 at 2004-09-07 21:40
やっと2作とも読みました。
個人的にはこちらのほうが好みです。
とても抽象的ですが、やさしい雰囲気が出ている感じがポイント高かったですね。
香水と煙草の人工的な匂いと、外の自然の匂いの対比が秀逸だと思いました。
文章から匂いが伝わってくるようです。
病院の匂いまでもが。
それに、自分が風景描写を書けないので、風景描写が書ける人は尊敬です(笑)


Commented by iceday at 2004-09-07 21:53
こちらのほうが良いと思います。
実体験ならではの感性がところどころ垣間見えますね。
「時間」の進み方についての部分、これはとても納得です。
Commented by sivaxxxx at 2004-09-07 22:35
一休さんのお話の中に出てくる人は、飾らない言葉で優しい気持ちを表現することが多いですね。
日常の風景の延長にも、こんな物語は存在しているだなあ。
毎日がスリルに満ちているわけじゃないけれど、それでも楽しいことはたくさんあるのかも知れません。探してみれば、きっと。
Commented by nobu-si at 2004-09-08 00:27
こっちも綺麗な作品ですね。
とても、静かで、色や香りがとても伝わってきます。
何でか分からないけど、涙腺が緩む感じがします。

少し、文才を分けてください(^^;
Commented by radio6969 at 2004-09-08 07:31
どちらも選びがたい・・・(悩)
昔ピアノを弾いていたのでついMy Funny~に感情移入しますが
オザケン好きにはこちらもそそられ・・・うーん
経験持ちの方が病院ネタとして何もかもリアルですね。
字間からあふれる暖かさに感動しました。
Commented by shane at 2004-09-08 17:41 x
へ〜こういうのが好きなんですね
わたしは、こちらの方が先(続き)が読みたいと思わせる文面だと思います
私も目を覗きこんで、元気?って好きな男性(ひと)に言われたい〜って
思ってしまいました。まぁいないやろー ガーン 苦笑
Commented by tou-shun at 2004-09-08 17:51
同じく、マイッタ(笑)。
ワシが一休さんの分までボケたるから、安心して「イイ男路線」を行ってくれい!
繊細な優しさが滲みでておる。
Commented by marcelo-t at 2004-09-08 18:34
こんにちわ。書き込みは初めてですね。
このお話を読んで、遠くで入院中のおばあちゃんにも外で拾った秋の気配を手紙と一緒に送ってあげようと思いました。
おばあちゃんお返事書けないから感想は聞けないけど、お外に出れないし、きっと喜んでくれると思います。
はやくイチョウ色づかないかな・・・ステキなお話をありがとうございました☆
Commented by katuo0076 at 2004-09-08 20:38
鰹です。
一休さまぅ!
よいですねぃ!かっこよいですぅ!
ボケではないです!明らかにボケではないですぅ!
でも、よいお話として読ませて頂きましたぅ!!!!
いい男路線は任せましたぃ!!!
がむばっぃい下さいぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!!!!
Commented by morningpaper at 2004-09-09 00:39
両方ともに雰囲気が良くてステキですが、
私はこちらの「晩秋」のほうが好みです♪
より幸せ感が感じられるので(^_^)
イチョウの季節にぴったりなお話ですね☆
Commented by beernoriko at 2004-09-09 02:27
手書きメッセやってみたぁ?
おもしろいよね あれ。
今度いい作品UPしちくり

てかまた今日も遅寝になっちまった
Beer500 3本で
今はボルヴィック中ですわ。

ほへー 明日飲み会だー

一休はん おやすみ☆
Commented at 2004-09-09 05:48
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by nutschoco at 2004-09-09 10:06
てか、何で白いのぉ?(w
いいお話です。二人で沈黙するって分かります。そういう時間が好き。
Commented by marubegs8 at 2004-09-11 23:35
で、コメントの続きです。(こちらが先になっていたらごめんなさい)
こちらの方が好みなのは、主人公(男)の気持ちに共感する部分があるからかもしれません。
僕自身は入院した事はありませんけど、一人での空しさや辛い時間などは、あぁ~、と感じてしまいます。
終盤の退院するところなどは、季節が変わっていたという描写がとても良いです。
あと、関係ない話ですが、なんだかスキンが再び白に戻ったのですね。
Commented by harvestrain at 2004-09-12 00:27
どちらも情緒あふれる話で感動的でした。
イチョウの葉のプレゼントっていうのも粋なプレゼントですね。

個人的には、、My Funny Valentineが好きです。
今度こそ、大事なものをしっかりとつかまえたよ、っていう安堵と意思の強さが伝わってくるような気がします。
Commented by poff0516 at 2004-09-12 23:11
これは・・・お題とか関係なしに良品ですよ。
なんか特定の場所で叫んでいる映画よりよっぽど染みました。

この内容で参加する事自体がボケと受け止めてよろしかったのでしょうか。
突っ込むならこうです。

「いや、すごいけども!」
Commented by uguugu333 at 2004-09-13 20:23
裏なのにきれいすぎです
もっとこうエロエロエロエロエロエロエロエロ
なほうが裏らしいです

数年前入院したことがあるので
鮮明なイメージができました
Commented by R_76 at 2004-09-14 16:08
抑えたトーンの語り口、モノローグ、主人公の視点…
読んでいて頭の中で映像化されてました。

「晩秋」っていう映画も大好きであります。
Commented by asa-mania at 2005-05-23 01:08
はじめまして。
うちの父が入院してた時を思い出しました。
彼もじっとしてるのが嫌いな人だったから病院は刑務所みたいなところだ、って言ってた。
小学生の頃のあたしがお見舞いに行くのさえ退屈な場所なのに当の本人はもっと退屈だったんだろうな~、と思ったり。
コレを読んでそんな事を思い出してしまいました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by ikkyuu_as_cousaku | 2004-09-07 07:03 | 永日小品 | Trackback | Comments(36)