朧月夜 - 中島美嘉

PV 朧月夜~祈り - 中島 美嘉
誕生日の おごちそう。 absinthさん、おめでとうございます。



終電が近い時間に、ドアを開けると、客船桟橋の向こう側に、小さなビルくらいの高さの大型客船が滑るように海面を移動していた。

信号で3つくらいの距離には晴海埠頭が見え、東京湾には波がほとんどない。桟橋に波があたる音だけが時々聞こえる中、水面を無音で移動する大型の客船には、明かりがともっているのだが、どうしても人間が沢山乗っている「乗り物」には見えない。

無音で異動するビルほどの容積をもつ、「乗り物」。視界を移動していくその客船により、視界全体に現実感が失われる気がした。


晴海ふ頭側のネオンが海面に移り、空には朧月がかかっている。
あの客船のせいではないが、この現実感のない風景は、小学校にあげるまえに行った一面の菜の花畑を思い出させた。

---

父の勤める農業試験場の北側に菜の花畑はあった。広大な牧草地の脇をアスファルトで舗装された道があり、それを何キロも行くと、その菜の花畑はある。

巨大な欅が、道路の両側に並び、菜の花畑の東側の境界線を作っている。

菜の花畑から見える山々には雪が残っている。雪解けのあと生えてきたまだ柔らかい牧草と、菜の花の匂いがいっぱいでクルマの窓を開けているときよりも、停車したあとのほうが、余計に菜の花をリアルに感じることができた。
水仙や、菜の花の黄色い花は、あまり好きではなかった。もっとキレイで、もっと儚げで、夢のような花があるはずだと思っていたが、目の前の一面の菜の花畑は、小さい頃の僕にとっては異様に写り、現実感を奪うにはその黄色い洪水のような菜の花畑の広さは、充分だった。

一度だけ、夜の菜の花畑に母と来たときに、曇った空に稜線をあいまいにした山の上に朧月夜が見えたことがあった。
「おぼろづきよ」というのは、その時初めて聞いた言葉で、月とどう違うのか、わざわざ別の名前にする意味があるのか、その頃は理解できなかった。ただ、今日(今夜)は月が不思議な形をしているとしか思えなかったから。

ただ、なぜか父も弟も一緒に暮らしていたはずなのに、母と二人で夜の菜の花畑にいる僕は、稜線の上のぼんやりとした月を見ていた。
母は、あまり話さず、少し前を歩いていた気がする。母の後姿を見ながら、僕は朧月夜のした、夜の菜の花畑のなかの舗装されていない道を歩いていた。

朧月夜は、そういう現実感のない風景を思い出させるのだが、あの時もそうだった気がする。


---
5月のはじめのある夜、僕は、欅の街路樹を一人で歩いていた。
自分の足音を聞きながら、一人で夜の道を歩くのは好き。

断片的に思い出す、チームを組んでいた同僚との会話の切れ端。


「どうしてあの時即断できたのかわからない。自分でも不思議なんだ。」

  ― そう?私は説明はできないけれど、その理由・答えは自分の中にはあるけど

「考えたいんだよね。材料が少なすぎるのに、どうして即断したんだろう・・・」

  ― ・・・

「そもそも、こういう風に自分が下した決断について悩むことに意味があるのかな」

  ― 混乱すること、混乱の中に自分がいることを自覚することは、私には不思議ではなくてしばしばあるわ

「俺は混乱することがあまりないし、するとしても、今みたいに考えたりするからそれを他の人の前でみせないと思うんだよね 」

  ― それが、あなたのやりかたなんでしょう?

「そうかも。ところで、ゆれ幅がある感情を表に出すってどういう風な気分になるの?」


---


欅の街路樹の葉を風が揺らすと、梢の向こう側に朧月が見えた。

僕は彼女の言動についていつも不思議な感情を抱いていた。

他の人がそのまま通り過ぎてしまうような事にも、深く考え、それが適切なのか、彼女にとって正しいのか、、、いつも立ち止まって考えている彼女。どうしてそんな風に立ち止まることをいとわないのかが、不思議だった。

---

梢の向こう側に見える、朧月を見ながら、朧月夜を歌ってみると、不思議と歌詞を憶えていて、意外なほどの記憶力に戸惑いも覚えながら、僕は欅並木を歩いていた。

そういえば。

あいつも、月が好きとか言ってた気がする。

僕は、なにか大切なことや、言っておきたかった事があった気もするけど、忘れてしまったことに少し後悔していた。

物事には、言うべきタイミングがあるという事は薄々感づいていて、でも、そういうふと気づいた「大切なこと」「言っておきたかったこと」はすぐに忘れてしまう。

言うべき人と一緒にいる時には思い出せないことが多いし、逆に、一人のとき、例えば、夜中一人で目覚めたとき、一人でこうして歩いているとき、なにか美しいものを見たとき、思い出すことが多いような気もする。

今度、なにか思い出したらすぐに伝えたいな。と思いながら、一人で朧月夜の欅並木を歩いていった。

【朧月夜】 影浦安武のこと そして真田という男について  に続く。
absinth さんが続編を書いてくれました。
閉園


PV
記憶」 「舞台:記憶 【後編】記憶 - 雨 (1) - 記憶 - 雨 (2) - の 続きです。っで、真田という人物はいまいちにぶいというか、他の人の感情に疎い面があるなと思いました。





b0005129_20123969.jpg
朧月夜~祈り - 中島 美嘉

[PR]
Commented by earll73 at 2005-07-08 02:35
朧月夜を聴きながら読みました。
菜の花畑ってホントきれいですよね。
菜の花と言えば千葉県です。
雪はないですが。
Commented by crazy_mam at 2005-07-08 06:58
うはー。
アブサン先生も?
ほんとだ、濃いな蟹座。

いちめんのなのはな
いちめんのなのはな

それが朧月夜だなんて。
そんなすごい光景みたことないです。
でも一休さんの目を通して一瞬見えた気がしました。
Commented by sivaxxxx at 2005-07-09 01:59
晩ごはんを食べ損ねたので、菜の花の写真がスクランブルエッグに見えます。
なんちて。単なる前フリです。

言うべき言葉を言うべきタイミングに思いつかない、思い出せないことって
よくありますね。
分かっていても言えないこともあったり。
Commented by arinco_note at 2005-07-09 03:02
午前中に読んだ時とはまた違う印象です。続きが増えたからかな。
私もそのタイミングで言葉が出ないほうです。

むしろ一緒にいるヒトの感情を自分の体にしみ込ませてしまうので、衝撃的なことがあった時などは消化するのにかなり時間を要します。普段の何気ない会話でもそういった場面が多いように思います。

菜の花の文章を読んで、一休さんのまなざしを感じました。静かにいろいろなものを見据えて受け入れる優しさ、ゆとりみたいな。ゆったりとした感じ。
ごちそうさまです。
Commented by ikkyuu_as_cousaku at 2005-07-09 04:02
□ earll73 さん
うん、こどもん時にみて、そうとうびっくりした。キレイってかびっくり。

朧月夜はいい曲だね。


□ crazy_mam さん
そう、だから、この記事にアップしたように、絵に描いてみたってのが一年前です、懐かしいな。
Commented by ikkyuu_as_cousaku at 2005-07-09 04:05
□ sivaxxxx さん
>言うべき言葉を言うべきタイミングに思いつかない
そういうこともあるし、これを言いたいって思っても、忘れてしまうなー

って、思いました。残念なことですね。

あと、おなかへった。


□ arinco_note さん
たぶん、消化するのに時間をかけるのは、アブゾーバーの役目があるからじゃないかな。って。
いちどきに押し寄せる感情をいったんプールして、あとから自分のなかで消化したり整理したり。それは、自己防衛なのかもしれないね。
Commented by midnight_egg at 2005-07-09 08:01
ああ、最初にコメントを入れたときには一段落めしかなかったのです。
この絵、すごくいい。

それと、そうか真田か(^^。
>いつも立ち止まって考えている彼女
アブサン先生そのものだよのね。
そこが彼女がこんなにも愛される理由。うん。
Commented by kei_stilare at 2005-07-09 16:02
お元気ですか??
オトコ前に、より磨きがかかったんでしょうか(w

いっきゅうさんは、女の人に夢もってはるからね。
なんだっけな。「女でいることを楽しんでいるひとが好き」とか言ってたの、こういうの聞いたことなかったので、すごいなあと思いました。

私のほうは、ちょこちょこ、それなりに?楽しんでますよ。

Commented at 2005-07-09 18:09
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by penang8 at 2005-07-09 20:02
お久しぶりです。
一面の菜の花畑って、凄みがありますね。。
そこに朧月がかかっていたら、もう幻想の世界でしょう。
相変わらずの丁寧な描写、美しく胸に迫りました。
そう言えば、私は以前、友人の出産祝いに車の助手席に乗り切らないほど菜の花を買って贈ったことがありましたっけ。
なんで菜の花を選んだのかしら。今思うと不思議です。。
Commented at 2005-07-09 23:58
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ikkyuu_as_cousaku at 2005-07-10 18:30
■ midnight_egg さん07-09 08:01 x
絵は、去年のマウスでお絵かきの時のです。

あぶさんの、他の人が違和感を感じても素通りしてしまうところを、真剣に自分の言葉になるまで考えるところを尊敬しています。

■ kei_stilare さん07-09 16:02 x
え、磨いてないよ?
それと、夢を持ってるわけでもないですね。

で、男性女性限らず、自分自身で楽しんで生きる事くらいしかできないんじゃないかと思います。
他の人になにをしてもらう、なにをしてあげる、ではなく。
Commented by ikkyuu_as_cousaku at 2005-07-10 18:31
■ 鍵 hime-chanco さん07-09 18:09 x
いろいろ褒めてくれてありがとうございます
中島美嘉は僕も好き。

で、本当になにか大切なことは忘れることが多いかもね。

■ penang8 さん07-09 20:02 x
そうですね、確かに圧倒的です。

で、本当に歌の歌詞どおりだったんですよ。その時はあまりそのことは意識しなかったけど。
Commented by ikkyuu_as_cousaku at 2005-07-10 18:32
■ 鍵さん07-09 23:58 x
暗いってことはまったくないですよ。元気出してください
じゃあ、そちらでコメントします。
Commented by e--mi at 2005-07-10 23:42
目の覚めるような菜の花の写真に目をちかちかさせながら、
「すぐに伝えたいな」の一言に、とてもあたたかい心地になりました。
まさに月の光が優しく降りそそぐイラストのように。
Commented by mami-lune at 2005-07-10 23:47
うん。すごくこの絵、好きです。
マウスでお絵かき??これマウスで書いたんですか。
美しい文章と相まって、情景が胸を打ちます。
Commented by sofia-ss at 2005-07-11 01:04 x
懐かしい絵です^^
このときですね、初めてコーサクさんのとこにお邪魔したのは。
いろいろと想いながら読みました。
Commented at 2005-07-11 20:51
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2005-07-11 22:18
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kei_stilare at 2005-07-13 18:30
そうだね。ありがと〜(素直にだよ。)

ところで、話しかわるけど、映画「アルフィー」観てきたよ。観るつもりなかったんだけど、家の諸事情?で、母親に、おおげさに言うとたたき起こされて(w)、ちょうど時間が、空いてね。ジュード・ロウのファンにはたまらない作品だったよ。ずーっと出っぱなしで、語りかけてた。
---
この役は、遊びにんなんだけどね、最後の最後に「僕に、なにか欠けているものは、安らぎだ。」とか言うんだけど。いちおう人生とは・・という考えさせられるようにはできてたみたい。w
で、私は、メッセージ性のある映画は好きなほうだと思ったのでした。まる。
Commented by ikkyuu_as_cousaku at 2005-07-18 18:46
□ e--mi さん 2005-07-10 23:42 x
コメントレスが遅くなり申し訳ありません。

そうでしたか、あたたかい心地ですか。
嬉しいです。


□ mami-lune さん 2005-07-10 23:47 x
はい、ペイントのスプレーで描きました。
たしか、一時間くらい。
Commented by ikkyuu_as_cousaku at 2005-07-18 18:46
□ sofia-ss さん 2005-07-11 01:04 x
あ、そうだったんですか。

懐かしいです。僕も。(お絵かき大会)


□ 鍵さん 2005-07-11 20:51 x
僕も経験者だから!

なんかあったら、聞いてください。
Commented by ikkyuu_as_cousaku at 2005-07-18 18:47
□ 鍵 さん 2005-07-11 22:18 x
了解です。とてもいいところですよね。


□ kei_stilare さん 2005-07-13 18:30 x
いいえ、どういたしまして。

ジュードロウかー。見てみようかな。
by ikkyuu_as_cousaku | 2005-07-05 00:00 | PV | Comments(23)