20110329 港区海岸の防潮堤防

b0005129_20333315.jpg




20110329 1318 1600×1067 ピクセル – 360 KB
ISO: 100 露出: 1/1000 秒 絞り: 5.6
カメラ: RICOH モデル: GR DIGITAL 2 焦点距離: 5.9mm (35mm換算 28mm)



東北地方太平洋沖地震の影響による福島第一原発の事故は未だ収束の気配すらみせていないが、首都圏ではもう一段落したような気配となっている。計画停電に話題がシフトしているようだ。スリーマイルやチェルノブイリとの比較がどうして通用しているかが、全くわからない。

もちろん地震と津波による被災地域でも、行方不明の方を含め、インフラが整っておらず、住居・仕事を失った状態の方がたくさんいる。が、救済を呼びかける地上波で流れている「今ひとつになる」、「力を合わせよう」というスローガンやキャッチコピーは、何を指すのかがすぐにイメージできないのだが、おそらく「被災した方たちのことを自分とは関係ないこととせず、日本という単位でマクロ的な視点を持って事態に対処していこう」ということなのだろうか。少し考えないとわからなかった。

こういう曖昧なイメージで訴えかけても「なんとなく募金した」「なんとなく節電した」でなにかをした気になってしまい、たちまち原発の放射能や、被災した方たちへの感心もすぐに移り変わってしまうのではないかと思ってしまう。(もちろん募金は意味があることだと思うけれど)

農業や漁業、私達の飲料水に与えるダメージや継続する期間は現状では試算すら出来ていない状況だと思うし、補償には国費をあてざるを得ないがどのような額になるのかも全くわからない。

震災からの復興にはシナリオや指針がある程度必要だと思うのだが、火力や風力、水力、そして地熱を含め、現在原子力発電が担っている供給電量を代替エネルギーへ緩やかにシフトすることを視野にいれたものであればいいなと思う。

「何か起きてしまったこと、専門家でも政治家でもないからわからない」と思考停止せずに、「なぜこうなったのか、どうしていくのがいいのか」を、(それこそ日本が一つになって)考える機会なのかなと思うが、報道やtwitterを見ていてもそうはならない気がする。これこそが諦めなのかもしれないが。

[PR]
Commented by okuribito-y at 2011-04-02 22:06
今回ほど「国のあり方」とか「人間らしい暮らし方」などについて、
根本から考え直してみる絶好の機会はないだろうと思います。
しかし、「報道やtwitterを見ていてもそうはならない気がする」
というikkyuuさんの思い、残念ながら私も同感です。
きっと人間というのは一部の人々を除いて、身勝手なものなのでしょう。
だから、心ある人々がいくら頑張っても人の世は根本的には変わらない気がします。

だからといって何をしても無駄だとは思いません。
人間として真っ当なことをしようとする人々が全くいなくなってしまったら、
人の世は今よりもっともっと情けない状況になってしまうでしょうから。
未来に明るい夢を描けずに努力するというのは空しいかもしれません。
でも、頑張っている人がいる限り、私もできることをし続けようと思っています。
Commented by okuribito-y at 2011-04-02 22:08
ところでこの写真、コンクリートに写った草の影がいいですね。
Commented by ikkyuu_as_cousaku at 2011-04-02 22:30
防潮堤防自体は1メートルも高さがなく、そのまわりのコンクリートの部分を撮影しました。この時は、非常に暖かかったのを憶えています。自分としては、もう少し引いた感じで撮影したかったのですが、フェンスからレンズを突っ込んで撮影したためこのようなアングルとなりました。


「でも、原発は必要なんでしょう?」「原発に反対している人は電気を使う資格がない」とか極論に走らず、原発の安全な運用、監視・監査する仕組みを含めて、議論がなされるといいのですが、なかなか。実際その議論はどこでなされるべきなのか?と考えた時に絶望的になりますね。なりますが、「なりますね」で終わらせることなく自分にできることを考えたいと思います。

by ikkyuu_as_cousaku | 2011-03-29 13:18 | 画像 | Comments(3)